施工事例

幟(のぼり)ポールの施工

神社の例祭、例大祭ごとにその地域の氏子衆が集まり、力を合わせて木の「幟」(のぼり)丸太を立てていました。

昨今では、人手不足などの事情により、毎年お祭りの度に設置するのが困難になっています。

そこで耐候性の高いアルミ製の「のぼりポール」を常設する神社が増えております。

弊社では、のぼりポールの施工はもちろん、のぼりの製作、石柱の製作据付など、お客様のご要望に応じてオーダーメイドにて施工いたします。

既設の石柱を利用した可傾式貫通ボルト仕様のポールから、埋込式、ベース式など幅広く商品をご用意しております。

また、のぼりポール(バナーポール)は神社に限らず、広告としての利用目的から、イベント会場や商業施設などにも幅広く使われております。

 

旗ポールの施工

公共施設、各種学校、イベント会場、オフィスビル、商業施設、スポーツ施設等に国旗や社旗等を掲揚する旗ポール、フラッグポールです。

アルミ製の旗ポールは、木製、鉄製の製品に比べ、耐候性に優れ鉄製に比べて重量も軽くできております。

敷地内に独立して建柱することはもちろん、建物壁面や屋上に据え付けすることも可能です。

旗ポールに加え、照明ポール、時計ポール、避雷針ポールなど多彩なバリュエーションがあります。

旗ポール用基礎工事

自社工場で作成したコンクリート基礎を、お客様の施工現場に運搬し、掘削の上据え付けいたします。現場打ちコンクリートの場合、コンクリートの養生期間が数日必要ですが、この施工方法の場合、基礎設置から旗ポールの建柱まで1日で施工することが可能です。

※旗ポールの長さが地上12メートル以内で2tもしくは4tクレーン車両を横付けできる場所に限ります。(状況により異なる場合がございます)
※埋め込み式やベース式等お客様のお好みによりいくつかのタイプがございます。

 

ロープ交換、ワイヤー交換、滑車交換

古くなったロープやワイヤーを新しいものに交換します。

旗ポール先端に取り付けている滑車に異常があった場合は滑車も交換します。

ロープの耐用年数は概ね4~5年です。ロープ表面が硬くなって色が黒ずんできたら交換をご検討ください。

耐候性の強い旗ポール専用ロープを用意しておりますので、見た目も美しくきれいになります。

ご利用の旗を簡単に取り付けることのできる専用フックもございますので、毎回旗を紐で結ぶのが面倒だという方は、ご相談ください。

ロープが硬くなってきた、すり切れ、ほつれが見られるようになった、ロープの滑りが悪くなってきた場合は、お早めにご相談ください。

ワイヤー式のポールについてもワイヤーの劣化が進むと故障の原因になりますので、動きがおかしいと感じたら、ご相談ください。

 

特殊ポール、その他ポールの施工

アルミ製ポールの多彩なバリュエーションです。

照明ポールや、太陽光パネルと一体になった照明ポール、ラグビーポールや球場のファールポール、懸垂幕を設置できるコミュニティポール、アルミ製鳥居などもございます。

これら製品につきましても弊社での販売、施工、メンテナンスを承っております。

営業時間

平日9:00~17:00 

定休日

土日祝日

連絡先

 

お問合わせはこちらから

TEL: 048-762-7546

FAX: 048-762-7547

 

Instagram